【 NOTA 】 isto e aquilo...

[フットサル → サッカー]

と書くと別の種目のようにやっぱり思ってしまうのも無理もない。

でもブラジルじゃこう書く。

・サッカー ⇒ futebol de campo

・フットサル ⇒ futebol de salão

・ビーチサッカー ⇒ futebol de praia

・サッカーバレー ⇒ futevolei (futebol + volei)

・ソサイチサッカー ⇒ futebol de soçaeti (society)

全部フッチボウと書いてある。

だからブラジルサッカー大国と呼ばれる理由がここにあるのかも知れない。

そんなサッカー大国ブラジルでは、プロサッカー選手になるプロセスとしていくつか方法がある。

その代表的なものとして、各クラブのオリェイロ(スカウトマン)が噂を聞きつけて各地に飛んで、ストリートから選手を引き抜くというやり方、そしてもう1つは、地元クラブもしくはスクールに入団して、フットサルからカンポ(フルコートのサッカー)への方法が代表的だろう。

ブラジルでは、ジーコをはじめ多くのクラッキ(スター選手)が幼少期にフットサルを経験し、プロになったという話は日本でも有名。

ブラジルでは、フットサルから育った選手と言えば、プロ選手の8~9割だと言う。
最近では、この前に書いたアレックスやレアルマドリードに移籍したホビーニョやナイキのCMで話題になっているホナウジーニョが記憶に新しい。

そして、ポルトガルの元ブラジル人。
そう 「デコ」。
本名は、アンデルソン・ルイス・デ・ソウザ。 
彼もまたフットサルで育った選手である。
今や世界最高のチームバルセロナのMFとしてホナウジーニョと共にファンを魅了する。
彼は15歳から19歳まで、パルメイラスやポルトアリオスというサンパウロの名門フットサルチームにプロプレイヤーとしてプレーしていた。
その後、カンポに復帰し、ナシオナウ、コリンチャンスなどを渡り歩き、ポルトガルのベンフィカに移籍をした。
バルサでもよく見かけるが、時折デコとホナウジーニョのプレーはフットサルらしいプレーをする。
足の裏でボールをキープしたり、フェィントしたり、ループパスやトウキックしたり... 
また、パスしたと思えばフェイクをしたりと・・・

みんなも見る機会があったら、よく注意してみて欲しい。

コメント

人気の投稿