【 NOTA 】  「錯覚」という「感覚」

◎「錯覚」という「感覚」



この間の連休を使ってスクールの中学生を田舎へ連れて行き合宿をした。

そこで改めて感じたこと....

「より不便さを実感することで、伝えるべきことの説得力が増す」
「言わないことがより伝わることもある」

ということ。


僕自身も「いなかっぺ」から「都会人」になって
もうすぐ10年になるだろうか...

都会の便利さが普通になってきているけど、
どうもその便利さに不便を覚える時もある。


サッカーでいうならば、
環境面で田舎より恵まれている部分が多くある。

恵まれすぎてそれほど苦労しなくても
出来てしまう部分がある。

田舎もんにしたらうらやましい環境である。

逆にその環境が当たり前すぎて、
中途半端になっている部分もある。


「便利」という部分に、
ウィークポイントが隠れてる気がするし、

「不便」という部分に、
ストロングポイントが隠されている気がする。


合宿に連れて行った中学生は、
何もいわなくても僕より早く起きて、こっそり8キロを走っていた。


同じ「錯覚」といえども近所の人は、昔の僕の姿に見えて、

「走ってらのは、オマエの息子か?」

なんてわざわざ電話してくる始末。笑



「錯覚」から見えてくること

「錯覚」が見えなくすること


その「錯覚」という「感覚」に惑わされてはいけない。

コメント

人気の投稿