【 NOTA 】 春だけに...

やっぱブラジルはすごい!!


何がすごいって、日本の23倍もの国の広さから集められた選手たちで作るドリームチーム。

そう、『セレソン(seleção)

セレソンとは、ブラジル代表の呼び名。

セレソンといっても、男子ではなく女子のほうだ。

U-20ブラジル女子サッカー代表のとある選手。

何がすごいってとりあえず下をクリックして、動画を見てほしい。



"lateral com pirueta"


僕が小学生から中学生の頃、とても流行っていた。

確か日本では、『ハンドスプリングスロー』っていったけ...

これはかなりスゴ技だった。

サイドラインからセンターリングみたいにボールが上がり、一気にゴールチャンスが増える。

しかも僕らのときは、これをできる選手がチームには3,4人は必ずいた。

ブラジルでは、このことを『ラテラウ コン ピルエッタ』という。

ピルエッタは「宙返り」という意味。

これを男子がやるならともかく、女子の選手がやるって...

しかもこの試合は「カンペオナット スウ・アメリカーノ」っていう南米選手権の女子版で、オフィシャルな試合。

相手はエクアドル女子代表で、4-0でブラジル女子代表が勝った。

女子もただ者ではない。

ここから学べるのは、「何かをやってやる!!」っていう度胸かな。

コメント

人気の投稿