【 isto e aquilo 】 損は得?

昨日はホントひさびさに屋外で練習した。

しかも夕暮れの時間なのに、この季節だからすでに暮れちゃってた。 笑

寒かったのもあるし、日が暮れて暗いのもあってかスクール生はいつもの半分以下だった。



来てくれたスクール生たち、ありがとう!!



日が暮れて暗かったけど、ボールやみんなが見えないほど『真っ暗』ではなかった。

そのせいで確かに見えにくかったけれど、何も見えないほど暗くはなかった。

その環境が手助けしてくれて、スクール生はより『見る』ということの大切さをわかったことだろう。

もっといえば、悪状況や環境の中でどういった考え方をし、心構えで練習すべきかもわかったことだろう。

それを体感できただけでも、練習に来てくれたスクール生は大いに得をしたことだろう。



そういえば、こんなことわざがありました..。

『風の中で育った木は根が強い』

意味は、風は「逆境」などを指し、色々な苦労を乗り越えてきた人は芯が強いと言う意味です。


最近は、風を遮る人達をよく見かけます。

しかし、子供たちは風の遮り方を分からないままに育ちます。



そんな言葉から思い出したのは、あのオシムのコトバですね。

ある年のジェフに新加入の選手たちとの懇親会で、新加入した親たちにこう話したそうです。


あなたは、息子さんを「最後まであきらめずに走る子供」に育てましたか?

もしそうでなければ期待をしない方がいいでしょう。

もしそうなら、私が責任を持って育てます。



その言葉、スクールの練習の中にあります。

コメント

人気の投稿