【 緊急レポ 】 被災地支援

震災後、スクール内や関係者に呼びかけたサッカー用品に限定した寄付物品は、ホントに多くの人達の協力により、ボール、シューズ、スパイクなどをはじめ、ホントに多くの寄付物品が集まりました。


本当にホントに感謝します!!


被災地の状況は、地元岩手県遠野市で活動している「遠野キッカーズ」代表の高橋さんから入っている中で、被災地の一つである岩手県大槌町赤浜でフットサル活動をしているBruja DELVISO 赤浜という少年団があると聞き、今回山形で開催された「ブラジル式フットサルクリニック」へ特別に招待し、多くの子供達と久しぶりにフットサルができたことをとても喜んでくれました!!


左:遠野キッカーズの高橋さん
下:岩手県大槌町で活動しているフットサルチーム「Bruja Derviso 赤浜」のこどもたち。











帰郷する前に、オスカーと村井さんからサインを書いてもらい、そして写真も!!














ランチを少しばかり一緒に食べ、次の日に現地で会うことを約束。


そして、皆様から頂いた寄付物品は、ゴールデンウィークに山形で開催された「ブラジル式フットサルクリニック」後、代表の菊池自ら車で被災地まで直接届けに行ってきました。

















他のメンバーたちは他の避難所にいるそうだ。
バラバラになっているけど、ココロは一つ。
今回の寄付物品で少しでも元気になればとても嬉しいな。

























津波が来るときは荷物一つ持たずに避難し、自分たちの大切なサッカー・フットサル用具を始め全ては流されてしまった。


寄付物品内訳:
スパイク2箱、フットサルシューズ3箱、トレーニングシューズ3箱
その他には、ジャージ、練習着(ノヴァスクール練習着)、サッカー・フットサルボール


被災地の現状等は次回アップします..。

つづく

コメント

人気の投稿