【スクールリリース】新設カテゴリーの紹介 『スビ・トゥレーゼ』

今夏、当スクールは設立12年目を迎えました。


これまで多くの選手を輩出し、さらには入会を希望される方が以前よりも大変多くなりました。


そこで、『より良い育成環境の整備と更なる育成への受け入れ環境の再構築』とし、新たなクラスとカテゴリーを新設する運びとなりました。



これまで地域チーム等では、6年生になるまでは上の学年と競う環境があり伸び代を伸ばせる環境にありました。


がしかし、6年生になると競うのは5年生となり、更なるレベルアップが必要な年代において停滞してしまう傾向にありました。


本来ならば、6年生はジュニアユース年代を見据えて考えれば、様々な準備や更なるレベルアップが必要な年代にあり、更にはユース年代を見据えて考えるならば、その入り口に立つようなものであります。


海外でのカテゴリーを見ると、U-11・U-13・U-15・U-17・U-19と分けられています。


ブラジルでは、13才以下のカテゴリーをポルトガル語で「Sub-13」と表記し、「スビ・トゥレーゼ」と呼ばれています。


このスビ・トゥレーゼは、『ユース年代を見据えてジュニアユース年代で更なるレベルアップとスキルアップを図るために長期にわたる一貫したトレーニングの必要性と重要性』から新たに設立されたカテゴリーです。


6年生と中学1年生を基本とし、『U-13+U-15クラス』で最大4年間という期間で育成を行います。




《スビ・トゥレーゼ(Sub-13)クラス概要》

◻︎対   象:6年生~中学1年生

◻︎曜   日:月・水・木曜日

◻︎コース:週2〜3回コース

◻︎時   間:18:00〜20:00 もしくは  18:45〜20:45

◻︎場   所:光が丘ドーム、光が丘第二中学校体育館・グランド

◻︎現   在:計 11名所属(中学1年生 - 4名、6年生 - 7名)


◻︎問合せ先:臨時問い合わせ先>nova_lasppesa@msn.com

※本来の問合せ先は、「info@lasppesa.net」ですが今現在エラー修復中のため上記アドレスにお問い合わせください。



ノヴァ ラスペーザ フットサル スクール

代表   菊池  洋輝



コメント

人気の投稿