【事業実績】これまでこんな活動をしてきました

Novalasppesa (ノヴァラスペーザ)では、2002年に練馬区で初めて育成型フットサルスクールを設立して以来、地域に、育成年代へ、更には競技志向選手へなど、フットサルの普及及びレベル向上へ寄与を目的とした取り組みを、区内外において様々な活動を行ってきました。

  • 2004年
    信州木島平CUPジュニアサッカー大会 ※イベント補助運営
  • 2005年
    信州木島平CUPジュニアサッカー大会 ※イベント補助運営U-13木島平ジュニアユースフェスティバル ※企画主催

    参加チーム;湘南ベルマーレ、横浜FC泉JY、坂戸ディプロマッツ、モノリスFC、ACアズーリ、セレッソ大阪西U-13 (順不同)
    ACミラン ジュニア サマー キャンプ(長野県木島平村)※手配協力
  • 2009年
    TOPPERクリニック in 岩手県水沢市

    Fリーグ・ステラミーゴ花巻監督(当時)のオスカー氏を迎え、水沢市内の小・中学生年代を対象にフットサルクリニックを開催
    アスカル・ルーゴ チャレンジ 2009
    スペインフットサルリーグ1部 アスカル・ルーゴ総監督 パブロ・プリエト氏を招いて、フットサル指導者講習会を開催

  • 2011年
    「ブラジル式フットサル教室」※企画主催
    練馬区協働事業「ねりま遊遊スクール」として区内のフットサルの普及促進と子どもの居場所づくりを目的とし、ロベルト・ケン・村井氏によるフットサル教室を開催。
    チャリティフットサルクリニック (山形県南陽市)※企画主催
    東日本大震災被災者へ支援のため、オスカー氏とロベルト・ケン・村井氏の協力により、育成年代
    へのクリニックを開催。 チャリティTシャツ販売及び参加者からの支援物品の寄付などを集め、翌日岩手県大槌町(赤浜地区)へ支援物品を届けました。

  • 2012年
    フットサルブラジル代表W杯前日本合宿 ※手配・サポート協力
    フットサルブラジル代表キーパーコーチによるゴレイロクリニック開催 
    ※企画主催
    ブラジル代表ゴレイロコーチ・グアイーバ氏、ブラジル代表ゴレイロ・ギッタ選手、フランクリン選手による実技レクチャー付によるゴレイロクリニックを開催。


  • 2013年競技志向選手対象 オトナのフットサルクリニック※企画手配
    府中アスレティック所属(当時)ロドリゴ選手、ロベルト・ケン・村井氏(通訳兼アシスタント)による協議志向選手向けにフットサルクリニックを行いました。

    ブラジル式フットサルクリニック2013(長野県松本市)※企画手配
    府中アスレティック所属(当時)ロドリゴ選手、ロベルト・ケン・村井氏(通訳兼アシスタント)による小・中学生並びに高校生対象によるフットサルクリニックを行いました。

  • 2014年
    チェリー ブロッサム フェスティバル2014 
    ※イベント協賛、模擬店出店

  • 2015年Duelo プレミアム フットボール クリニック2014 ※企画主催
    スクールオフィシャルサプライヤーでもあるフットボールブランド
    「Duelo」契約フットサル関東リーガ所属選手、J2横浜FC所属選手、ビーチサッカー日本代表選手による小・中学生年代を対象としたクリニックを開催しました。
    チェリー ブロッサム フェスティバル2014 ※イベント協賛、模擬店出店


 

ほんの一部ですが、他には地域チームへの指導サポートなど行ってまいりました。

これからも、育成年代を含め、フットサルの普及促進をはじめレベル向上などに寄与できるよう区内にとどまらず多方面にむけた活動を行っていきます。


コメント