【 NOTA 】 BÊ-Á-BÁ DE FUTEBOL

BÊ-Á-BÁ DE FUTEBOL◎


BÊ-Á-BÁ DE FUTEBOL(ベー・ア・バー ヂ フッチボウ) 
ポルトガル語で、『 サッカーの常識 』という意。

毎月1回のペースで、サッカーに関わるまたはサッカーにも通ずる語録・諺・格言を書いていきます。



【今月のコトバ】

ボールは触らなければ動かない

逆にボールは触ったようにしか動かない


スクールやクリニックで子供たちによくいっています。

これに似たようなコトバで、『ボールに逃げられている』、『ボールに遊ばれている』、『ボールが嫌がっている』、『ボールがいうこと聞かない』というようなコトバも多くいっています。

スクールに初めて入ってくる子、クリニック先で、色んなところでよく言い訳をする子供たちがいます。 

例えば、『ボールが空気がない。』とか、『フットサルボールだから...』、『スパイクだから...』と。

そりゃ自然環境によってミスすることもある。

それでもボールもスパイクも何も悪いことはしていない。

悪いのはそれを理由に、自分には責任がないと言ってしまっていること。

そうやってまわりのせいにしている人は、自分に甘い選手。

そういう選手が活躍したり、いい選手になったりしたのを一度も見たことがない。

ミスするということは、ミスするような触りかたをしているから。

そのミスを自分の宿題だと思って、練習していくことがすごく大切。
  
その行動を続けていくことが努力で、成功へ近づく第1歩だと思う。


ブラジルではこういう。
  
● 下手な選手を指すコトバ ●

  ・Perna de pau! (ぺルナ ヂ パウ)... 松葉杖という意。
  これは、いろんな意味合いがある。 
  例えば、『足が4本あってもボールを扱えない』
  『怪我をしてるからボールを扱えない』
  『足が多すぎでボールをコントロールできない』

  ・Chorão!! (ショラゥン)... 泣き虫という意
  これは、自分のミスを他人のせいにしてばかりいる人のことをいう。



〇 上手な選手を指すコトバ   〇

  ・Baile!!(バイレ)... 踊ってるという意。
  ・Comer a bola(コメール ア ボーラ)... ボールを食べているという意。
  踊っているといえば、ホナウジーニョが有名。
  頭にボールを乗せたままだったり、ドリブルしながらサンバのリズムを刻むのは有名だよね。


◎みんなの当たり前はどっち?

  A.ミスをまわりのせいにしているのは、当たり前?

  B.ミスを自分の宿題だと思って、練習することが当たり前?

  答えがわかったら、すぐに始めよう!!

コメント

人気の投稿