【 Report 】 APPI SUMMER CAMP '09


■2日目



天気予報では、雨。

降水確率も高かった。

そんな予報すらも覆して、いい天気になった。


朝食時に、コーチの地元:遠野のチームと

今年から参加した平泉サッカークラブと合流。



1泊2日の短い期間

どんな刺激を与えあうのだろうか?



いろんな楽しみがこれから始まる。




2日目の朝は恒例の開会式。
東京からは杉並アヤックス
神奈川からはFCコラソン
が毎年大人数で参加している。
いつかウチも大人数で参加したい。






”小幡さん”で親しまれ、このイベントの仕掛け人。
塩釜FC代表で宮城県サッカー協会の会長を務め、
40年以上にわたり育成に力を注いできた方。
”塩釜方式”と呼ばれる天然芝の普及にも
力を入れており、会場の芝も手掛けたスゴイ人!!






遠野キッカーズ、平泉サッカークラブとNOVAと学年別に、そしてそれぞれの混合チームなどで試合をこなしました。

今年は試合の写真がまったく撮ってません。

というより撮れていません。

カメラの調子というより、僕が試合に集中しすぎてシャッターを切っていなかっただけです...。


スイマセン....。



話は変わって...


いつも子供たちに求めていること


それは、

『心の底から楽しくプレーすること』

『心の底から本気でプレーすること』


そして、遠征のテーマは 『 超 越 』

"いつもを超え、そしてさらにもう一歩を越える"



”火事場のクソヂカラ”じゃないけど、

ここ一番キツい、辛いという時に自分がどうすべきか?

これを試合の中で、徹底的に求めました。


子供たちの中では、自分との葛藤があり、自分との勝負もあり

逃げたい時も、ごまかしたい時もあった。


サッカーとは面白いもので、

その瞬間に結果が左右されるスポーツであること。


子供たちは自分のプレーを通じて、

体感していっているのが目に見えて感じましたね。



時間が経てば経つほど、

試合では、いつも以上に感情むき出しにした試合をしてくれました。



この遠征の試合は親御さんに見せたかったぁー。

今度はビデオを持っていかなきゃ...。





そして合間には、恒例の交流戦。

ここでは、NOVA伝統?の「伝説のユニフォーム」で試合が始まります。笑





1日数試合ハードな試合をこなしている子供たちが
この日一番のハイテンションになっている。








遊びの中でも感情を露わにする。
ま、そんなココロのある選手達が育ってきている。
とても嬉しいですね。
遠征はこういった普段の練習じゃできない
環境の中でさらに成長できる機会があります。








貴重なオフショット
小幡さんが見抜いた選手に直接レクチャーしてくれています。

「去年よりもっと面白ぐなったな~」
毎年行くたびに、小幡さんにはいい評価をしてくれています。

「聞ぎっぱなしにすんなよ~。」(by 小幡氏)



夕方まで交流戦をやった後、宿に。

宿は毎年同じ場所で、グランドのすぐ隣!!


今年はウチと遠野、そして平泉合わせて全部で40人近くの子供が参加しました。

部屋割は、チーム別ではなく学年もチームも関係なくミックスに。


『育成』を目的としているウチのスクールにとって

こういった場はとても貴重で、大切な機会ですね。


子供は人と触れ合うことで育ち、育まれていくもの。


そういった経験を多く体感している子供たちは、

より成長するのが早く、上手いだけではなくなるのです。


巧くなるためには、こういった経験を多くされることも必要です。



天候に恵まれ、感謝。

コメント

人気の投稿