【育成チーム / U-15】 「ノヴァ ラスペーザ ジュヴェニウ マッチレポート」

【育成チーム / U-15】
「ノヴァ ラスペーザ ジュヴェニウ マッチレポート」
Novalasppesa Juvenil Match Report (Relatorio do Jogo) 




FFC U-15フットサルリーグ2015第3・4節が行われました。
 



<リーグ第3試合>
vs. 府中アスレティックFC
 
試合結果>1x6

前 半:(1 tempo) 1 x 1 引き分け/Empate
  得点:酒井(中学3年)

前半開始1分に先制点。
「攻撃的守備」が機能し、幾度となくチャンスがおとずれるもゴレイロの手中に。
シュート本数は相手よりも倍上回るも、ゴールを割ることができなかった。
前半残り1分のところで、ゴールを決められ、振り出し戻され、同点に。
これまで練習してきた個人戦術の守備「選択肢を潰し、攻撃を遅くさせる」ことが各々判断しできていた。

 
 後 半:(2 tempo) 0 x 5  負け/Derrota
 
後半開始早々、個々のプレーにズレが生じ、そのズレがお互いの意識、さらにはチームとしての目的まで大きくズレが生じた。
自らのミスで後半は大量失点...。
 
 
 
試合終了後、連戦となる強豪・バルドラール浦安戦を前に、大量失点した問題点の原因と個人戦術的およびチーム戦術の確認、試合の目的の明確化をメンタルや思考についてもふれて話す。
 
 

 
<リーグ第2試合> vs. バルドラール浦安 
試合結果>3x2


 
前 半:(1 tempo) 3 x 1 勝ち/Vence
  得点:山田 1ゴール(小6)、中井 2ゴール(中学3年)

前節、リードをするも逆転負けをした強豪・浦安戦。
前日練習で自チームの戦術守備の崩され方とそれに伴う対処を練習し、その成果を発揮。ゲームシミュレーションでは予想しない展開となり、リードして前半を折り返す。
 


 後 半:(2 tempo) 0 x 1  負け/Derrota
  得点:なし
 
 
6年生がとても頑張ってくれて、『選択肢を潰す』というとてもいい「攻撃的守備」が機能していた。

前半よりもシュートチャンスの後期の数が上回るも、なかなかゴールを決められない。
後半も残り4分までは、前半のスコアのままリード。
 
浦安のエースにほんの一瞬のスキを与え、ゴールを許す。。
個々がしっかりをすべきことをし、更にはアイデアとテクニックによる局面打開など本来持つべきプレーが見られた。
今日のリーグ戦は、中学生のひとりは発熱で欠場、6年生2名は怪我のために欠場。
そんな状況下で、6年生の選手達はカラダやフィジカルなど一回りも二回りも上回る強豪チームの選手達を相手に、冷静さを兼ね備えた闘争心を持ち、果敢にチャレンジし、チームに勝利をもたらしてくれる活躍をしてくれた。
参加してくれた6年生の選手達を大きく讃えたい。
 

個々の選手のある程度の習熟度はみられた。
技術、戦術、意識の点ではまだまだ課題はあるが、長い先を見据え、焦らずじっくりこだわってまた取り組んでいこうかな。
 

 

 
 

【ジュニアユース生募集中!!】 
1ヶ月 無料体験入会随時受付中!

「勝つ」ことよりもユース年代を見据えた個々のレベルアップを目指すことを目的とした選手育成のためのトレーニングに特化し、『フットサル』と『サッカー』を並行したサッカー王国ブラジルを手本としたノヴァラスペーザ独自の育成メソッドで練習を行っています。
詳細はコチラ ➡ 『育成スクール募集ページ』


 
 
 
<募集カテゴリー> 『育成スクール』...
☆☆中学生対象スクール☆☆  
  スビ・トゥレーゼクラス(小6~中学1年生まで)
  ジュニアユースクラス(中1~中学3年生まで

コメント